JCB THE CLASS <ザ・クラス> 取得方法公開!

【コスパ最強】エポスプラチナをダウングレードせず継続する理由

 

エポスプラチナカードって価値あるのかな?

 

エポスプラチナカードをダウングレードするべきか迷っているという方も意外と多いのではないでしょうか。

ちなみに僕はエポスプラチナカードにアップグレードしてから5年以上使い続けています。その経験を踏まえて解説していきます。

 

実は僕もアップグレードしてから、エポスプラチナカードからエポスゴールドカードにダウングレードするべきか検討したことがあります。

 

しばらく悩み続けていたのですが検討した結果、

エポスプラチナカードはダウングレードせず継続して利用することに決めています!

 

先に結論をお伝えします。

下記の両方に該当する方は、ダウングレードせず継続で良いです。

  • エポスゴールドカードからアップグレードでエポスプラチナカードを手にした方
  • エポスカードをメインカードとして使っている方

 

上記に当てはまらない方で、悩まれている方はダウングレードする方が賢明かもしれません。

それでは、具体的に解説していきます。

 

【コスパ最強】エポスプラチナをダウングレードせず継続する理由

エポスプラチナカードをダウングレードすべきか、かなり悩ましい問題ですよね。

というのも、利用次第ではエポスプラチナカードはコスパ最強のクレカになりえるからです。

 

僕がエポスプラチナカードを継続利用すると決めた理由としては、次の通りです。

 

継続理由
  • ボーナスポイントで年会費を相殺できる(実質無料)
  • エポスプラチナカードはコスパ最強
  • カード券面がかっこいい
  • カード変更による諸手続きが面倒くさい
  • エポスゴールドカードはプラチナにかなり劣る

 

それでは順に説明していきます。

 

ボーナスポイントで年会費を相殺できる

エポスプラチナカードの年会費は次の2つがあります。

エポスプラチナカードの年会費
  1. 30,000円(税込)⇒直接申し込みでエポスプラチナカードを取得した場合
  2. 20,000円(税込)⇒インビテーションを受けてエポスプラチナカードを取得した場合

 

僕はインビテーションを受けてエポスゴールドカードからアップグレードして取得したため、②の年会費が20,000円(税込み)方で持つことができています。

この年会費20,000円ですがエポスポイントで相殺が可能なのです!

なぜ相殺できるのかといいますと、プラチナカード会員では年間の利用額に応じて、個人の年間ボーナスポイントを受け取ることができるからです。

・ボーナスポイントについて

上記の表の通り、年間100万円以上の年間利用額があれば20,000のボーナスポイントがもらえます。※1ポイント1円相当

つまり、年会費をボーナスポイントで相殺が可能(実質年会費が無料)になるわけです。

貯まったエポスポイントはスタバのポイントに交換したり、マルイ系列での買い物で使うことができます。

エポスカードをメインカードして使っている方であれば、日々の支払いをエポスカードに集約することで年間の利用額100万円はそれほど高いハードルではありません。

 

エポスプラチナカードはコスパ最強!

エポスプラチナカードは、プラチナカードの中でも年会費が安いにも関わらず、他のプラチナカード(年会費が高い)と同レベル近くのサービスを受けることができます。

そのうえ、さきほどの説明の通り、年会費を相殺(実質無料)して保有することが可能です。

エポスプラチナカードの主な特典
  • 年会費が割安(実質無料)
  • ポイントが貯まりやすい
  • 家族カードが無料
  • プライオリティ・パスが無料で発行
  • 手厚い海外旅行保険
  • コンシェルジュサービス
  • ゴルフ場を特別価格で利用可能
  • グルメ・レストラン優待

 

実質年会費無料で、これだけのメリットを受けることができるから捨てがたいです。

そのため、エポスプラチナカードはコスパが最強といえるのです。

 

カード券面がかっこいい!

保有しているエポスプラチナカードの有効期限が切れるということで、有効期限が更新された新しいエポスプラチナカードが手元に届きました。

早いもので、エポスプラチナカードを取得してから5年が経過して更新の時期を迎えていました、、

郵便局の書留で自宅に届きました。

カードが届いて初めて知りましたが、新しいカードの券面が少し変更されていました。

EPOSCARDというロゴが表示されるようになっています。

写真では伝わりづらいのですが、実際に見るとこれがかなりかっこいいんです!!

漆黒のカード券面とロゴマークがきれいに反映されていました。

カード券面がカッコよく、コスパ最強となればそう簡単には手放しづらいものです。

※エポスカードのデザインを2021年4月15日(木)より刷新されています。上記写真のカード券面とは異なります。

 

カード番号変更による諸手続きが面倒!

エポスゴールドカードにダウングレードした場合、カード番号が変わるため、現在登録しているサービスなどの支払い情報を変更しないといけなくなります。

変更手続きは何気に面倒ですね。

 

エポスゴールドカードはプラチナにかなり劣る!

エポスゴールドカードとの比較表を見てもらえればわかるのですが、やはりサービス内容にだいぶ違いがあります。

【エポスゴールドとエポスプラチナ比較】

 

さきほどお伝えした年間のボーナスポイントもかなりの差があります。

あと、エポスプラチナカードだとプラチナデスクサービスが使えるのですが、対応が非常に素晴らしい印象です。

毎回すぐ電話に出てくれますし、エポスカードに関してわからないことを懇切丁寧に教えてくれます。困ったときにしっかりとサポートしてくれます。

 

エポスゴールドカードへのダウングレードを検討した理由

以上、継続利用する理由を述べてきましたが、そもそも、何故、ダウングレードを検討したのかについても軽く触れておきますね。

大きな理由は次の2つです。

ダウングレードを検討した理由
  • 高級レストランにあまり行かない
  • 別のクレカでプライオリティパスの発行が可能

 

高級レストランにあまり行かない!

エポスプラチナカードの特典に、グルメ・レストラン優待があります。

人気のレストランで会員1名分のコース料金が無料になるものです。

ただ、実際めったに高級レストランに行くことはないので、利用する機会が少ないです。

5年間エポスプラチナカードを所有していて実際に使ったのが2回だけですね。この特典はあまり響かなかったのもダウングレードの理由の1つです。

 

別のクレカでプライオリティパスの発行が可能!

エポスプラチナカードの魅力の1つであるのがプライオリティ・パスです。

プライオリティ・パスとは?
世界各国の空港ラウンジを無料で利用することができ、待ち時間を有効活用できる。

僕は海外出張が多く、海外旅行も好きでよく行くため、かなり利用頻度が高いので嬉しいサービスです。

このプライオリティ・パスがかなり魅力的だったため、エポスプラチナカードのインビテーションを受けてアップグレードしたというが一番大きな目的でした。

それが、JCBザ・クラスを取得したことで、プライオリティパスを発行・利用することが可能になりました。

そのため、エポスプラチナカードで発行しなくてもプライオリティ・パスのサービスを受けることができる状態になってしまいました。

【JCBゴールド ザ・プレミア】プライオリティ・パスの同伴者は無料?ザ・クラスだけの特権

 

ダウングレードを検討するべきポイント

エポスプラチナカードからダウングレードを検討されている方は、次のポイントを参考にしてみてください!

ダウングレードの検討ポイント
  • 年間の利用額が100万円に満たない(ボーナスポイントの恩恵が受けられない)
  • 海外出張・海外旅行にあまり行かない

このあたりにかなり該当するようでしたら、ダウングレードを検討した方がいいと思います。

ポイントは年会費をボーナスポイントで相殺できるかです。

当たり前ですが、年間の利用額が100万円に満たず特典をあまり利用しない場合は、すぐにダウングレードしましょう!

お金がもったいないのです。

【切替方法】エポスプラチナからゴールド!年会費が発生しないベストなタイミングとは?

 

エポスプラチナカードがおすすめな人とは?

最後に、エポスプラチナカードがおすすめな人をまとめておきます。

下記の1つでも当てはまる場合は、エポスプラチナカードをダウングレードせずに、保有し続けるのもありだと思います。

エポスプラチナがおすすめな人
  • エポスカードをメインカードとしている(年会費を相殺できる)
  • マルイ系列でよくショッピングする(エポスポイントが貯まりやすく使い道がある)
  • 海外出張・海外旅行によく行く(手厚い海外旅行保険、プライオリティ・パス)
  • 割安でプラチナカードのステータス性を手に入れていたい

いずれにしても、エポスカードはプラチナに限らずコスパの良いクレジットカードですので、メリットを十分に吟味したうえで、ダウングレードするべきか検討しましょう。

それではまた!!

ABOUT US

アバター
ザ・クラスを愛する男
ザ・クラスを愛するディズニー好きの30代男性。ディズニー好きな大人にとっての最高のクレジットカードである「ザ・クラス」の魅力を保有者の視点から全力で語ります! 2017年5月からJCBカードを利用。2019年末にザ・クラスのインビテーションが届き2020年1月からザ・クラスを手にする!取得にかかった年数は2年8ヶ月!【生涯JCBザ・クラス保有宣言】